Monthly Archives: 4月 2016

テレビコマーシャルの重要性

広告とは
そもそも広告とは、企業と消費者を繋ぐ媒介として存在し、利用者の満足度と企業の依頼を遂行するために行われるサービスです。宣伝活動が主なものですが、その過程で培われる商品・企業イメージの奮起に深く影響し、商品やサービスを消費者に届けるために不可欠な存在です。一口に広告といっても様々な手法が存在し、その中でもテレビコマーシャルは一般の方が広告と聞いて想像しやすいものです。テレビは現代において抜群の普及率を誇っているので、テレビコマーシャルを筆頭としたテレビ広告はその効果を高いものとして認識されています。
テレビコマーシャル
番組と番組の間に流されるという都合上、どうしてもその枠には限られたスペースしか存在しません。ですので、その短さの中にいかにメッセージを込めるか、また、その手法も数多く存在しますのでどのような種類で構築していくのかということも考える必要があるでしょう。一番効果がわかりやすいものは芸能人などの有名人をテレビコマーシャルのモデルとして起用することです。モデルにはその人の社会的印象をそのままテレビコマーシャルに反映させることができる共通認識としての力があるので、宣伝したい対象によってはモデルの存在がとても重要になってくることが多いです。モデルによっては人気のある年齢層も異なってきますので、そこも照らし合わせて起用対象を選べるといいですね。
目的
消費者に、最適なサービスを提供するための媒介として在ることが、ある意味では広告の存在意義だと言えます。ですので、広告は企業の意向と社会的ニーズを明確に分析し、両者にずれがあった場合には修正しなくてはなりません。むしろそのずれを埋めるためのクッションこそが、テレビCMをはじめとした広告の本当の在り方なのかもしれませんね。