Monthly Archives: 2月 2016

テレビCMでどこまで伝えるのか

テレビコマーシャルの最近の主流

テレビCMである時期から頻繁に見られるようになったことといえば「続きはWebで」と、テレビコマーシャルのみで伝えたいことの全てを伝えようとはせずに、新商品が出れば当たり前のように立ち上げられるようになったWebサイトへの誘導。テレビCMは短いものであれば15秒、長く尺を取られるテレビコマーシャルであったとしても最大60秒と限られているので、テレビCMでは情報の伝達を「少し気になる」というぐらいにまで留めておいて、より詳しい情報を伝えるためにWebサイトに誘導するという方法は、情報が溢れていてその取捨選択を自分で行なわなければならない現代では、テレビ広告を打つうえでの効果的な方法のひとつだといえるでしょう。

伝えたい内容を吟味する

このように、テレビCMは時間が短く、伝えられる情報にも限りがあるため、テレビコマーシャルを制作する際には、ターゲット層はどれくららいの年齢であるのか、またその性別は・・・など、必要な人により高く訴求するためには、吟味しなければならない事柄がたくさんあります。テレビCM内で見てもらうキャッチコピーなどはもちろんのこと、テレビに耳だけを傾けながらそのほかのことをしている人を一瞬で引きつけるためには、そのテレビCMで流れるBGMなどにもこだわる必要があります。伝える情報を吟味することはもちろん、より効果的に情報を伝えるための手法ということについても熟考しなければならないのです。

ノウハウを駆使する

効果的なテレビCMを制作するためには、新しいアイディアを生み出すことはもちろん大切ですが、過去のデータなどに基づき、どのようなCMが売上を向上させることに繋がったのかを知り、それらを活かすことも重要です。そのようなノウハウを多数蓄積している、テレビCMの制作会社などにご相談されるのも良い方法です。