Monthly Archives: 12月 2015

テレビコマーシャルが持つ得意性

コマーシャルと聞いて、テレビコマーシャルとイメージを持つ方は多いと思いますが、実は、コマーシャル(広告)というものには色々な種類があります。テレビ広告をはじめ、ラジオ・新聞・雑誌・DM・チラシ・交通・プレゼントキャンペーン・POP・フリーペーパー・イベント・WEB・メールマガジンなどが挙げられます。実に多種多様な広告が存在しています。

テレビ広告が持つ必要性
今日、日本人の9割が毎日テレビを視聴しているので、テレビCMは抜群の広告媒体と言えます。広範囲に一斉に告知することが可能で、提供番組の選択でターゲットをある程度絞ることもでき、インパクトがあれば話題になります。また、コミュニケーションスピードが早いという特性から、新商品のキャンペーンなどにも向いています。

テレビ広告の訴求性
テレビ広告は全ての広告費の1/4以上のシェアを占めます。映像という表現力を持つことから、感情に訴えることができ、ブランド広告のような豊かなイメージを伝えるのにも適しています。繰り返し流すことで、人の記憶にイメージを焼き付けることも可能となります。

テレビ広告の種類
テレビ広告には「タイム」と「スポット」の2種類があります。番組提供CMは「タイム」と呼ばれ、30秒が基本となっています。広告主は、ターゲットが視聴する番組を選び、提供スポンサーとなります。対して番組と番組の間に流されるCMを「スポット」と呼び、こちらは15秒が基本です。スポットの場合は、タイムに比べて自由度が高く、新商品のキャンペーン・季節性商品など、集中して広告をしたい場合に向いています。