Monthly Archives: 7月 2015

秒数が短くても印象付ける方法

視聴者の注意を引きつけるのが第一です

テレビコマーシャルは、限られた時間内に視聴者に自社のサービスや製品のことを伝えなければいけません。そんなテレビコマーシャルで重要なのは、とにかく視聴者の注意を引きつけることです。
テレビCMは一日に何百、何千と放送されるものですから、ほとんどの視聴者はそれを注意深く見ているということは無いでしょう。そんなテレビコマーシャルだからこそ、何か視聴者の心や意識に触れるものを流すことが大切です。

伝えたいこと、メッセージははっきりと!

テレビコマーシャルは、伝えたいこと、メッセージをはっきり、しっかり伝えることがまずは第一条件です。もしそれが出来なければ、どれだけ良いサービス、良い商品でも、テレビコマーシャルにより集客したり、購買意欲を掻き立てることは出来ないでしょう。

他との差別化を行う

テレビコマーシャルの內容が、他と似たり寄ったりになったりしていませんか?
テレビコマーシャルは、自分たちのサービス、商品を売り出す絶好の機会です。なのに、他と內容が似ているがために印象付けが出来ないでは勿体無いです。

色々なCMを見て、それと異なるものを打ち出す。そして、良い所は取り入れるということが大切です。

時間帯もポイント

テレビコマーシャルは、ゴールデンタイムと呼ばれる夜7時から夜10時頃が最も高いと言われており、この時間帯のテレビコマーシャルは料金も高いです。
一方、深夜、早朝は料金が安いため、費用のバランスを考えつつ、またテレビコマーシャルを見て欲しい年代のバランス等も考えて時間帯を考えてみましょう。

自社製品をPRする方法

様々な宣伝方法があります

自社で製造した製品を世の中に広めたいと思った時には様々な方法で商品のPRを行わなければいけません。広告を使った宣伝をしたり看板を設置したりする方法もありますが、中でもテレビ広告は非常に高い効果が期待できると言われています。我々人間はなぜかテレビで放送された情報を信用するとう特徴を持っているので、テレビCMで流れていたからという理由でその商品を信用してしまいます。逆にいうとテレビ広告とはそれだけ影響力のある広告媒体だとも言えるでしょう。

費用対効果を考える

広告宣伝を行なう時には費用対効果も考えなければいけません。沢山宣伝活動をして沢山商品を売ることに成功しても、広告費の方が売上より高ければ赤字になってしまいます。そうならない為には費用対効果を考えなければいけません。テレビコマーシャルは影響力の強い広告媒体ですが、他の媒体と比べて広告費が高いという特徴を持っています。なので、継続してテレビコマーシャルを流すのは沢山の費用を必要とします。しかし、流す回数を調節することで、テレビコマーシャルに費やす費用もある程度コントロールする事ができるので、テレビコマーシャルを凛世する時にはどれくらいの期間でどれくらいの回数を流すのかということも考える必要があります。

激安で利用できる場合も

テレビコマーシャルは広告枠というものが存在し、番組の合間に流れる回数がある程度決められています。しかし、テレビ広告の申し込みが少ないとテレビ広告枠が埋まっていない場合があり、そういった枠を埋めたい時には広告費がかなり下がるケースもあります。そういた時に合わせてテレビCMを流すことで、通常のテレビCMに比べてかなり安い値段でテレビコマーシャルを流すことができます。