Monthly Archives: 4月 2015

CMはメッセージ

CMはメッセージ
企業の紹介や、新商品の紹介、イベントの告知など、広告媒体として最も効果的なものの一つが『テレビCM』です。CMとはcommercial message(コマーシャルメッセージ)の頭文字から来ていて、「商業用のメッセージ」という意味があります。「宣伝」という言葉が一番しっくりくるかもしれません。CMと聞けばテレビを想像する人も多いと思いますが、元々は宣伝全般を指していたようですが、テレビやラジオの普及に伴って、そういったマスメディア媒体の宣伝をCMと呼ぶようになってきたようです。CMが宣伝全般を指すのであれば、私たちは毎日の暮らしの中で、CMを見ない日はほとんどない、と言えるかもしれません。私たちは毎日企業や誰かのメッセージを受けているのです。

CMは高嶺の花?
毎日見かけるCM。誰もが知っているような企業な名を次々と目にします。ところで、CMは資金に大きな余裕がある大手企業しか作れないものなのでしょうか。大手企業は次々と新製品を生産し売りださなければならないので、CMにも大変な力を入れています。宣伝を専属に業務する部署を持つ企業もあるくらいです。しかし本当に宣伝が必要なのは、売上が思うように上がらない中小企業や個人事業主の方です。そういう大手企業以外の人たちがもっと利用できるように、最近のCMは必ずしも高価なものではなくなってきているようです。

オリジナルを目指しましょう
CMが手が届くものになったら、CM制作をしてみましょう。大きな金額をかけたもの=いいCMとは限りません。多くの興味を惹く個性やインパクトが大事です。制作会社に依頼すると、予算内でいい宣伝が出来るように企画段階から相談にのってもらうことが出来ます。少ない予算でもいいCMが出来るかもしれません。是非あなたのアイデア満載なCMで、多くの人たちにメッセージを送りましょう。

テレビCMが視聴者に与えるインパクト

テレビコマーシャルのインパクト

テレビを付けていると必ず目にするのがテレビコマーシャルです。このテレビコマーシャルがあることによって、私達は色んな商品に興味を持ちますので、それが最終的に商品の売り上げに大きく関わってきます。なので、これまでに数多くのテレビ広告やテレビPRが生まれてきているのです。ただ、テレビコマーシャルだからといって、ただテレビに流せばいいというわけではありません。テレビコマーシャルは当然視聴者に商品を記憶してもらうことが大事ですから、視聴者に与えるインパクトはとても大事になってくるのです。

不快な気分を与えないように

ただ、インパクトを強く!といっても、奇をてらい過ぎて失敗してしまっては逆効果になってしまいます。実際に、これまで多くのテレビコマーシャルが製作されてきましたが、その中で何らかのクレームや問題が発生して放送中止になってしまったテレビコマーシャルも多いのです。テレビコマーシャルを流すというのは、それだけ責任を持つ必要があるんです。もしご自分が不快なテレビコマーシャルを目にしてしまったら、もうそのテレビコマーシャルは二度と見たくない!と思いますよね? なので、常に視聴者の立場を考えながら、テレビコマーシャルを製作しておく心掛けが必要なのです。

テレビCM枠の料金について

さて、いざテレビコマーシャルを長そう!と思っても、今度はテレビCM枠の料金の心配が出てきます。テレビコマーシャルを流すにもそのための費用が必要になってきます。なるべく安いテレビCM枠をお探しされているのであれば、専門業者までご相談してはいかがでしょうか?