Monthly Archives: 3月 2015

広告媒体に関して

NHK

皆さんは、NHKの受信料を支払っていますか?テレビというのは、基本的にテレビコマーシャルによるテレビの広告料金で賄われ、皆さんの元に受信されます。そのため、私達がテレビの受信料を払うことはありません。BS、ケーブルテレビ、wowowなどは別で登録料が発生しますが、それ以外のテレビはほとんどその形式です。しかし、その中でも受信料を払っているテレビ局が一つだけあります。それはNHKです。現在のNHKは97%受信料で賄われているそうです。NHKはテレビコマーシャルがありません。そのため、見る人が受信料を払ってNHKは放送することができています。

広告の媒体

広告の媒体は様々です。メルマガ・テレビ広告・雑誌など私達が見れるものにはほとんど広告が載っていると言っても過言ではありません。その中で、最も影響力があるのはテレビ広告だと思います。日本人口のテレビ普及率は2014年の段階で一般世帯96.5%にも上りました。これは一般家庭のほとんどがテレビを持っているということです。それだけ、テレビには需要があるのです。つまり、テレビ広告はどんな方でも目に止めるものだと言えます。もし、自社の商品広告を出すのであれば、より多くのお客様見てくれるテレビ広告というのも利用するのもいいと思います。

テレビ広告依頼

テレビ広告、テレビCM、テレビPRを考えている方が居ましたら、是非専門業者にご相談下さい。テレビ広告、テレビCM、テレビPRを行なうにはそれなりの決まりがありますので、勝手に作って勝手に流すことが出来ません。テレビ広告、テレビCM、テレビPRをする際はその決まり事を守って、広告依頼を行いましょう。

テレビコマーシャルの撮影現場

テレビコマーシャル、テレビCMの影響力は計り知れません。
テレビコマーシャルはドラマを見たりテレビをつけていると自然に目に入ってくるものですが、無意識に見るからこそ、テレビCMやテレビ広告は大きな影響力を持つのかもしれません。テレビコマーシャルはたった15秒から20秒の中に伝えたいことがピンポイントで強烈に組み込まれています。食品だったらいかに美味しそうに、番組だったらいかに面白そうに見せるかという工夫であふれているのです。また、テレビ広告やテレビPRの良い点は見る人が多いというところです。
これが街中の広告だと、その日その場所を通った人しか広告を見ることはできませんが、テレビコマーシャルの場合は一度放映するだけで何千、何万という人が見る機会を得ます。その絶対数の大きさはインターネットが普及した今でもそう簡単に塗り替えられることはなく健在です。
テレビCMの場合、その短い何十秒というCMを撮るために何時間も、場合によっては何日も時間をかけて撮ることをご存知ですか?たった何十秒だからすぐに出来るんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
その何十秒のためにロケであれば天候を待ち、スタジオであれば俳優やモデルの微妙なニュアンスを何テイク、何十テイクかけて撮り、納得の行くワンテイクを追い求めます。とても楽しい作品内容のテレビCMでも、キャスト・監督・カメラマン・照明・そのほかあらゆるスタッフの力と技術が結集してできるのがテレビコマーシャルです。