Monthly Archives: 2月 2015

馴染み深いテレビコマーシャル

馴染み深いテレビコマーシャル

皆さんにとって、馴染み深いテレビコマーシャルはありますか? テレビが世に出て以来、数え切れないほどのテレビコマーシャルが作られるようになりましたが、何年経っても放送され続けるテレビコマーシャルがあります。何年も放送されると、頭の中で簡単にそのテレビコマーシャルを思い浮かべることができるのではないでしょうか?

地上デジタル移行後も

テレビ放送は、2011年以降完全に地上デジタルに移行されましたが、馴染み深いテレビコマーシャルの中で、移行後も画面比率をアップコンバートして放送し続けていました。2015年からは左右端を映像加工した状態で放送し続けています。これだけ長く同じテレビコマーシャルが放送され続けるというのは珍しいですよね。

テレビ広告・テレビPRの注意点

テレビ広告・テレビPRを視聴者の皆さんに見せるにあたり、その内容が一般公開にふさわしいかどうか、よく考慮する必要があります。例えば、過去にホラーゲームのテレビCMがお茶の間に流れたことがありました。それを見た視聴者からは、「子供が怖がってしまった! どうしてくれるんだ!!」と激怒のクレームが寄せられてしまい、やむなくそのテレビCMは中止されました。例え、テレビCM側にそのような意図が無かったとは言え、“意図していなかったから視聴者の配慮はしなくていい”というわけではありません。テレビCMと言うのは視聴者のためのテレビCMですから、視聴者が楽しく見れるテレビCMを心掛けた方が一番いいのです。

テレビコマーシャルについて

短い時間で印象づける

テレビコマーシャルは、テレビ番組の合間合間に放送される短いメッセーの字のことで、テレビ広告、テレビPRとも言われます。
多くのテレビコマーシャルは30秒、もしくは15秒程度の短いもので、この間に効果的に視聴者に向けて自社のサービス、商品
もしくは自社の名前を印象づける必要があります。
新聞や雑誌は、その広告が載っている媒体を購入されなければ効果を発揮しませんが、テレビコマーシャルであれば、配信される
チャンネル数を増やせばそれだけで多くの人に自社のテレビコマーシャルをみてもらうことが可能です。

テレビコマーシャルの料金
テレビコマーシャルの料金は、放送される地域の広さ、テレビCMの長さ、使用される映像の制作費、1日のテレビPRの回数など
様々な要因から決められています。特に大きく影響するのは放送される地域の広さと回数で、全国区で放送されるCMはもちろん
1番高くなりますし、1日の放送回数が多ければそれだけ費用が高くなります。また、時間帯によってもテレビコマーシャルの料金
は変わるため。テレビコマーシャルを流したいと考える時は、自社の商品やサービスの性質を考え、テレビコマーシャルの長さ、
時間を調整する必要がありそうです。

テレビCMと視聴率
テレビコマーシャルを依頼する時、やはり視聴率が良い番組のほうが、多くの人にCMを見てもらえるので効果的な宣伝が出来る
のでしょうか?しかし、例えば釣り番組で釣り竿などのCM、ゴルフ番組でゴルフクラブのCMを行うほうが効果的に宣伝できる場合
もあるので、テレビCMを行う時は放送される番組についても考える必要がありそうです。