テレビコマーシャルと費用対効果

By | 2015年9月24日

テレビコマーシャルの費用対効果はどのくらいなのでしょうか?
テレビコマーシャルは他の宣伝方法と違って、テレビを見ている人に無差別に配信される広告ですから、当然ターゲットの絞り込みはある程度しか出来ません。配信する時間帯や番組を選ぶことで、少し効率を上げることが出来ますが、テレビコマーシャルの時は他のチャンネルに帰れうという方や、テレビコマーシャルも含めて、テレビはラジオのように聞き流すという方も居ます。録画をしても、CM時間帯だけは全てカットしてしまう事もできるので、これではテレビコマーシャルの効率が下がってしまいます。
ですが、それを含めて、テレビコマーシャルをおすすめできるのは、やはりテレビコマーシャルが広範囲に、そして一斉に配信することが出来るということにあります。
地方ローカル局のCMでも、チラシを配る手間もなく、多くの方にCMをみてもらうことができれば多くの成果を上げることが出来るかもしれません。地方ローカル局のテレビコマーシャルは、競合するテレビコマーシャルも比較的レベル的に近いのもおすすめする理由です。

全国の方が効果はあがりそうですが、全国ネットのテレビ局でテレビコマーシャルを流そうと思うと、それなりの予算が必要になります。全国展開するメーカーや、多くの方が利用する最大手ならまだしも、中々中小企業では、そのレベルは必要としていないことが多いのです。
より費用対効果を臨むなら、地方ローカル局のテレビコマーシャルは狙い目といえます。一度ご検討されてはいかがでしょうか。