秒数が短くても印象付ける方法

By | 2015年7月24日

視聴者の注意を引きつけるのが第一です

テレビコマーシャルは、限られた時間内に視聴者に自社のサービスや製品のことを伝えなければいけません。そんなテレビコマーシャルで重要なのは、とにかく視聴者の注意を引きつけることです。
テレビCMは一日に何百、何千と放送されるものですから、ほとんどの視聴者はそれを注意深く見ているということは無いでしょう。そんなテレビコマーシャルだからこそ、何か視聴者の心や意識に触れるものを流すことが大切です。

伝えたいこと、メッセージははっきりと!

テレビコマーシャルは、伝えたいこと、メッセージをはっきり、しっかり伝えることがまずは第一条件です。もしそれが出来なければ、どれだけ良いサービス、良い商品でも、テレビコマーシャルにより集客したり、購買意欲を掻き立てることは出来ないでしょう。

他との差別化を行う

テレビコマーシャルの內容が、他と似たり寄ったりになったりしていませんか?
テレビコマーシャルは、自分たちのサービス、商品を売り出す絶好の機会です。なのに、他と內容が似ているがために印象付けが出来ないでは勿体無いです。

色々なCMを見て、それと異なるものを打ち出す。そして、良い所は取り入れるということが大切です。

時間帯もポイント

テレビコマーシャルは、ゴールデンタイムと呼ばれる夜7時から夜10時頃が最も高いと言われており、この時間帯のテレビコマーシャルは料金も高いです。
一方、深夜、早朝は料金が安いため、費用のバランスを考えつつ、またテレビコマーシャルを見て欲しい年代のバランス等も考えて時間帯を考えてみましょう。