バリエーションが増えたテレビCM

By | 2015年5月13日

バリエーションが増えたテレビCM

テレビ広告・テレビPRとして活用されるテレビコマーシャルですが、ここ最近では色んなバリエーションが増えてきましたね。例えば、「●●を検索」と表示されたテレビコマーシャルをよく見かけます。コマーシャル自体の構造は通常のテレビコマーシャルと変わりありませんが、コマーシャルが終わる頃に「●●を検索」とともに、マウスクリックが「検索」というボタンをカチッと押す検索エンジンが表示されます。このように検索エンジン欄に商品名または商品内容などのキーワードが入った状態を視聴者の皆さんに見せることで、視聴者にどのように検索していただくのか分かるようになります。もちろん、視聴者の方で適当に検索して見つけていただくこともありますが、予めコマーシャル側で検索方法を提示してくれれば、視聴者側の手間も省くのではないでしょうか。

他のスポンサーの契約期間

まれに、検索することで全く関係ないキーワード(他のスポンサーの)も表示されてしまう場合もありますが、他のスポンサーの契約期間が完了すれば、そのキーワードは表示されなくなります。

優良な会社にご相談

他にも、テレビコマーシャルについて色々とご相談したい時は、優良な会社が詳しい説明をしてくれると思います。もちろん、どの会社がしっかりとコマーシャル枠を探してくれるのかも重要ですので、一度、インターネットでじっくりとお探しになられることをオススメいたします。