テレビコマーシャルについて

By | 2015年2月19日

短い時間で印象づける

テレビコマーシャルは、テレビ番組の合間合間に放送される短いメッセーの字のことで、テレビ広告、テレビPRとも言われます。
多くのテレビコマーシャルは30秒、もしくは15秒程度の短いもので、この間に効果的に視聴者に向けて自社のサービス、商品
もしくは自社の名前を印象づける必要があります。
新聞や雑誌は、その広告が載っている媒体を購入されなければ効果を発揮しませんが、テレビコマーシャルであれば、配信される
チャンネル数を増やせばそれだけで多くの人に自社のテレビコマーシャルをみてもらうことが可能です。

テレビコマーシャルの料金
テレビコマーシャルの料金は、放送される地域の広さ、テレビCMの長さ、使用される映像の制作費、1日のテレビPRの回数など
様々な要因から決められています。特に大きく影響するのは放送される地域の広さと回数で、全国区で放送されるCMはもちろん
1番高くなりますし、1日の放送回数が多ければそれだけ費用が高くなります。また、時間帯によってもテレビコマーシャルの料金
は変わるため。テレビコマーシャルを流したいと考える時は、自社の商品やサービスの性質を考え、テレビコマーシャルの長さ、
時間を調整する必要がありそうです。

テレビCMと視聴率
テレビコマーシャルを依頼する時、やはり視聴率が良い番組のほうが、多くの人にCMを見てもらえるので効果的な宣伝が出来る
のでしょうか?しかし、例えば釣り番組で釣り竿などのCM、ゴルフ番組でゴルフクラブのCMを行うほうが効果的に宣伝できる場合
もあるので、テレビCMを行う時は放送される番組についても考える必要がありそうです。