記憶に残るテレビCM

By | 2016年3月22日

記憶に残るということ

どれだけお金をかけても、有名な役者やタレントを使ったとしても、人の記憶に残らないとテレビCMの意味がありません。広告したいものの印象が薄ければお金をかけた意味がないのです。裏を返せば、印象が強ければお金をかけなくても大丈夫なのです。皆さまの記憶に残るCMはどのようなものでしょうか。それは大規模な予算を使っていますか? 有名な人物を使った広告でしたか?

良いCMとは

確かに潤沢な資金を使ってテレビCMを作れば、有名人を使ったテレビCMを作れば豪華な画面にはなると思います。しかし、豪華になるだけではテレビCMの意味がありません。ただ豪華な画面だけでは何のテレビ広告にもならないからです。良いCMに大切なのは豪華にするだけではなく、工夫をして宣伝をしっかりすることです。より安い予算で作ったCMは制作費を他の部分に回せます。例えばより長く放送してもらうための予算にするなどです。あまりに何度も流すと逆効果ですが、ローカルCMは明らかに低予算なものの、よく流れることで人の印象に残ります。もし豪華なCMにできない場合はどうやって人の印象に残るかどうかがテレビCMにとって大切なのです。

工夫を大切に

お金をかけても良いテレビCMができるとは限りません。お金があるだけで工夫がなければ、人の印象に長い間残ることはできないでしょう。すぐに忘れられてしまいます。人がずっと覚えていて、つい思い出してしまうようなテレビCMを作れば、良い宣伝になるのではないでしょうか。