テレビコマーシャルとは

テレビCMをPR

テレビCMで視聴者に見てもらいやすいようにするためには、テレビCMの様々な仕組みを理解する必要があります。テレビCMをPRするために、二つの手法があります。それは、スポットCMとタイムCMです。この二つのテレビCMが流れる時間は大体15秒程度で、30秒程度CMを流すこともあります。それぞれどのような対称的な役割を果たしているかをご説明いたします。

スポットCM

テレビCMの手法の一つ、スポットCMとは、放送する時間帯を指定されることなく自由にテレビCMを流せる手法です。短い間でたくさんの視聴者にテレビCMを見てもらうことができますし、テレビCMを流す人が契約する期間とテレビCMを流す時間帯を自由に決めることができます。番組の間に流れるCMを「ステーションブレイク」と呼び、番組中に流すCMを「パーティシペーション」と呼びます。

タイムCM

テレビCMの手法の一つ、タイムCMとは、放送されている番組と同じ枠として扱われる番組を提供しているスポンサーのテレビCMです。テレビCMがいつ、どの時間帯で放送されているか前もって決められているので、視聴者が見逃してしまったテレビCMをもう一度見てもらう確率が上がってきますが、広告の料金が番組の内容によって高くなってしまう場合もあります。テレビCMだけでなく、番組の内容を提供しているスポンサー名を知ってもらうこともでき、番組の視聴率が上がることにも繋がっていきます。