テレビコマーシャル・CMについて

テレビコマーシャル

テレビコマーシャルというのは、テレビで商品を流して視聴者に興味を持ってもらうための宣伝行為で、最初にテレビコマーシャルが行われたのは1953年の精工舎の時計でした。皆さんの身近にあるテレビコマーシャル。テレビコマーシャルを流すことによって、視聴者が商品に興味を持ってもらえれば売上に影響するので、テレビコマーシャルというのは欠かせない広告です。テレビコマーシャルが行われる前は、ラジオコマーシャルが普及されていましたが、ラジオは聴くことしかできなかったので、実際に紹介されている商品がどんなものなのか、実物を目にするまでは分かりませんでした。今は、テレビコマーシャルですぐに商品を目にすることができるので、視聴者は俄然その商品に興味を持ってくれます。

テレビコマーシャルの影響力

テレビコマーシャルの影響力というのはとても大きいです。視聴者は、新しいテレビコマーシャルが流れると、必ず一度は目を向けてくれます。コマーシャルを見るまでは、それが自分にとって興味があるのかないのか判断できません。テレビコマーシャルを目にして、視聴者が「ちょっとこの商品を買ってみようかな」と思うようになってくれたり、おもちゃの商品のコマーシャルなら、子供が母親に商品を買ってくれるようせがんでいたら、大成功です。テレビコマーシャルによって商品が爆発的にヒットすれば、記者からインタビューを受けて記事にしてもらえますし、ターゲットはより広がっていきます。記者が書く記事は読む人を煽るのがとてもうまく、商品の写真はとても写りが良いので、宣伝効果は抜群です。

テレビコマーシャルの良い影響と悪い影響

テレビコマーシャルというのは良い影響ばかり世間に与えているわけではありません。何故ならテレビコマーシャルというのはお茶の間に流れます。老若男女、いろんな人がテレビコマーシャルを目にします。たとえば、そのテレビコマーシャルが子供に見せても大丈夫な内容なのか、よく考えないといけません。テレビコマーシャルの内容の受け止め方は人それぞれではありますが、配慮が行き届いたテレビコマーシャルでないと、思わぬクレームの電話が掛かってきてしまいます。そうなると、コマーシャルを別の内容に差し替えたり、最悪放送中止になる可能性もあります。世間に影響を与えるということは、テレビコマーシャルを流す側の責任もそれだけ大きくなってくるのです。

生活110番